がん遺伝子医療に関する情報ページです。東京でがん遺伝子医療なら東京がんクリニックへ。

がん治療の救世主「がん遺伝子医療」

 

 現在、男性では2人に1人、女性では3人に1人の割合で何らかのがんにかかると言われています。
 また、死因の第一位にもなっており、その割合は増加傾向にあります。
 そのような怖い病気であるがんについて、期待されているのが「がん遺伝子医療」です。
 がん遺伝子医療の大きな特徴として、がん細胞のみをピンポイントで狙い、がんの抑制遺伝子などの最新技術によってがん細胞をアポトーシス(細胞死)へと導きます。
 その結果、体内の正常な細胞には影響を与えず、がん細胞のみを狙って死滅させることが出来る副作用の少ない治療法です。
 当クリニック及びグループでは、日本国内において新しい治療タンパク関する独占的な権利を持っております。
 そのため、日々進化している最新の遺伝子医療を提供することが可能です。

がん発生の仕組みとは

 人間の体は、約60兆個の細胞から作られており、それぞれの細胞が何度も分裂を繰り返し、全体の調和を保っています。
 正常な細胞分裂では、人体の設計図であるDNAの遺伝子情報を正確にコピーしています。
 しかし、体の内外からストレスを与えられたり、老化などによって上手くコピーが出来なかったり、タバコや放射線などの外部刺激によって遺伝子に傷が付くことがあります。
 これが遺伝子の突然変異ですが、通常であればがんの抑制遺伝子によってアポトーシス(細胞死)を起こし、体から消えていきます。
 ところが、そのような免疫機能をもってしても退治できない異常細胞が極稀に発生します。
 この異常細胞が、「がん細胞」と呼ばれるものです。
 がん細胞が多数積み重なると、細胞の増殖をコントロール出来なくなり、止めどなく細胞分裂を繰り返します。

 

がん遺伝子医療について

 

 正常な細胞は、突然変異した細胞(がん細胞)を自然死させるという免疫機能が備わっています。
 上にも書いたように、がん細胞とは、がん抑制遺伝子が欠損したり正常な細胞に傷がつけられることで正常な機能を失った細胞です。
 がん遺伝子医療は、点滴などによって外部からがん抑制遺伝子をがん細胞の核の中に入れることにより、細胞をアポトーシス(自然死)に導く環境を作る先端治療です。
 これまで、手術や抗がん剤、放射線治療という3大標準治療が、がんに対して最初に選択すべき治療法とされていました。
 しかし、がん遺伝子医療を標準治療と併用したり、単体で受けることによってがんに対してより高い効果を期待できます。

がん細胞の特徴を捉えた治療法

 正常細胞と比較してがん細胞は増殖するスピードが速く、より多くの栄養を必要とするため、細胞の周りに新しい血管を作っていきます。
 がん細胞の周りに作られた新しい血管は、正常な血管と比べて網の目が粗雑に作られています。
 そのため、高分子ミセル化によってその網の目を通過するだけの大きさに整えることで、がん細胞にのみピンポイントでがん抑制遺伝子を送り届けることが可能となります。
 また、当クリニックでは、がん細胞のDNAにより入り込み易い最新ベクターを使用してがん遺伝子医療を行っております。

 

がん遺伝子医療の特徴

 

 当クリニックで行っている「がん遺伝子医療」について、その特徴をご紹介します。

①時期や状態(前癌・末期癌・転移・再発)に影響なく高い効果が期待できる
②全身に作用する治療法のため、がんの種類を問わず治療可能
③体力の少ない小児や高齢者のがんにも適応可能
④抗がん剤に耐性を持ってしまったり、放射線を当てた経験のある部位でも治療可能
⑤原発不明ながんでも治療を受けられる
⑥副作用が少ないため治療を継続しやすい

がん遺伝子医療を使った複合治療

 手術によってがんを切除しても、検査では認識できない小さな転移があれば再発してしまいます。
 がん遺伝子医療は全身に作用するため、手術後の再発防止として受けることも有効です。
 また、抗がん剤治療によって耐性が付いたがんが再発してしまうと治療が困難となりますが、がん遺伝子医療では耐性が付くことがありません。
 放射線によって傷付けられたがん細胞に対しても、がん遺伝子医療は自滅効果を高めることができ、放射線の照射範囲から外れてしまったがん細胞にも治療が行えます。
 上記などの理由によって、3大標準治療とがん遺伝子医療を組み合わせた複合治療は、がんに対してより友好的な治療法と言えるでしょう。