樹状細胞ワクチン療法に関するご案内です。東京でがん治療・予防なら東京がんクリニックへ。

最先端がん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」

 

 がん免疫療法が大きく進歩したのは、がん免疫を管理する「樹状細胞」の役割が解明したこと、がん抗原(がんの目印)が発見されたことの2つが理由として挙げられます。
 そして、がん抗原を樹状細胞に記憶させて再び体内に戻し、がん細胞を攻撃させる「樹状細胞ワクチン療法」が確立されました。
 体全体の免疫力を高める非特異的ながん免疫療法と比べて、樹状細胞ワクチン療法は「特異的」ながん免疫療法と言えます。
 そのため、より集中的にがん細胞のみを攻撃することが可能となると考えられています。
 一般的な活性化リンパ球療法(非特異的がん免疫療法)より効率的・効果的ながん治療法として期待されています。

樹状細胞ワクチン療法が選ばれる理由とは

 数多く存在するがんの治療法の中でも、樹状細胞ワクチン療法が選ばれる理由についてご紹介します。
 樹状細胞ワクチン療法には、エビデンス(検証結果)と高い技術があります。
 また、当クリニックでは、患者さま一人ひとりに合わせたオーダーメイドのがん治療を提供できる体制を整えております。

 

樹状細胞ワクチン療法の特長

 

 樹状細胞ワクチン療法の特長は、以下のものが挙げられます。

(1)一人ひとり合わせた治療が可能
 樹状細胞ワクチン療法では、患者様のがんの種類や状態(容体)などに合わせて最適な治療方法を提案することが出来ます。
 そして、がん抗原(がんの目印)を樹状細胞に記憶させる方法においても、本人のがん組織を使用したり、がん細胞に発現している抗原を調べたり、WT1ペプチドなどの人工抗原を使うといった数多くのものを用意しています。

(2)通院可能で身体への負担が軽い
 樹状細胞ワクチン療法は、身体に負担が少ない治療法ですので、日常生活を送りながらがん治療を行うことが可能です。
 目安としては、約2週間に1回のペースで3~4ヵ月通院して頂きます。
 また、大きな副作用の心配が無い治療法という特長もあります。

(3)転移したがんにも対応可能
 樹状細胞からがん抗原を記憶させられたリンパ球が、体内のがん細胞を探し出して攻撃します。
 そのため、樹状細胞ワクチン療法は、転移したがんに対しても高い有効性が期待されています。

(4)標準治療と組み合わせ可能
 三大標準治療(手術・抗がん剤治療・放射線治療)のように、樹状細胞ワクチン療法は「第四のがん治療」と呼ばれています。
 また、がんの種類や状態によっては、長く緩やかに効果が持続する樹状細胞ワクチン療法と即効性のある標準治療とを組み合わせることで、より高い効果の発揮が期待できます。

樹状細胞ワクチン療法とペプチドワクチン治療の相違点

 がんのワクチン治療には、これまで説明してきた樹状細胞ワクチン療法とペプチドワクチン治療の大きく2つがあります。
 樹状細胞ワクチン療法はがん抗原を記憶させた樹状細胞を体内に注入するという方法ですが、ペプチドワクチン治療はがん抗原そのものを体内に注入します。
 メカニズムの違いとしては、樹状細胞ワクチン療法では、強化された樹状細胞が、キラーT細胞(細胞傷害性T細胞)にがん細胞を攻撃するよう指令を出します。
 一方で、ペプチドワクチン治療では、がん抗原が注入されたことにより、がん細胞が入ってきたと錯覚した樹状細胞が、その目印を持っている細胞だけを攻撃するようキラーT細胞に指令を出します。
 相違点はありますが、どちらの治療法も樹状細胞の抗原提示能力を上手く利用しているという点で共通しています。