アンチセンス治療に関するご紹介をしています。東京で癌のアンチセンス治療なら東京がんクリニック。

異常遺伝子化を防止する「アンチセンス治療」

 

 数あるがん治療法において、「アンチセンス治療」はまだあまり周知されていない治療法かもしれません。
 がんは、DNAと共に遺伝やタンパク質合成を支配する”RNA(核酸)”の機能異常によって発生します。
 アンチセンス治療は、検査によって機能異常に関係するセンスRNAを明確にし、そのセンスRNAが遺伝子に変化する前にアンチセンスRNAを体内に投与し、がん遺伝子の発現を阻止するという治療法です。
 アンチセンス治療では、がん細胞の核にのみ効果を出し、正常細胞には影響が無いため、副作用がほとんど無いというメリットがあります。

アンチセンスRNAについて

 アンチセンスRNAとは、ある特定の機能を持つRNAの働きを阻害するRNAのことです。
 遺伝子は、螺旋状の2本のRNAで構成されているタンパク質の設計図です。
 2本のうち、遺伝情報などを持つ方を「mRNA(センスRNA)」、遺伝情報を持たない方を「アンチセンスRNA」と呼びます。
 アンチセンスRNAは、センスRNAと相補的な塩基配列を持っています。

 

アンチセンス治療の仕組み

 

 続いて、アンチセンス治療の仕組みについてご紹介します。
 
(1)アンチセンスRNAを体内へ投与
 患者様に合わせて生成したアンチセンスRNA(オリゴ核酸)を体内に投与することで、異常遺伝子を持ったRNAより先にセンスRNAと結合し、がん細胞の発現を未然防止します。

(2)がん細胞をアポトーシスに導く
 アンチセンスRNAの投与による効果は、体内で数ヶ月の間持続します。
 その期間中、アンチセンスRNA(オリゴ核酸)はがん細胞のみを攻撃し、正常細胞には影響がありません。
 その結果、がん細胞(悪性腫瘍)をアポトーシス(細胞死)に導きます。
 大きな腫瘍の場合、死滅したがん細胞によって崩壊症候群が起こる可能性があります。

アンチセンス治療なら東京がんクリニックへ

 アンチセンス治療は、すぐに治療を開始出来るわけではありません。
 まずは、治療前にがん細胞検査を行い、その検査結果を基に患者様に合わせたアンチセンスRNA(オリゴ核酸)を作ります。
 東京でアンチセンス治療によるがん治療をお探しの方は、東京がんクリニックにお気軽にご相談ください。
 また、当クリニックでは他にも治療法をご用意しておりますので、患者様のがんの種類や状態に合わせて治療法を提案させて頂きます。