ガンキリン。東京がん治療専門東京がんクリニック

  ガンキリンは本来がんを抑制するRBタンパクの働きを阻害している可能性が示唆されており、そのガンキリンを抑制する新たな治療方法です。
京都大学の藤田潤教授が長年の研究により発見、命名した「ガンキリン」は、がん細胞で高発現しているタンパク質であり、がん細胞の悪性化に大きく関与していると、数多くの研究に知られることとなりました。
 藤田潤教授が発表した論文は世界中のがん研究者から驚嘆と関心を集め、今でも数多くの専門家がガンキリンについて新たな論文を発表し続けています。

ガンキリンとは
Gankyrin

 

 ガンキリンという言葉をお聞きになった事はございますか?
ガンキリン(gankyrin)とは、京都大学の医学研究科の藤田潤教授らによって、1998年にヒトの肝細胞がんから見つけ出した新規のがん遺伝子です。
 ガンキリンは通常アンキリンリピートからなります。
がんの当時の研究の報告例では、34のがんの症例全てにこのガンキリンである新規のがん遺伝子が高発現していました。
 調査・検証の結果ガンキリンはがんを抑制するRBタンパク質の働きを阻害している特徴を有していると示唆されました。
 
 その後、ガンキリンはRBを含む複数のがんを抑制するタンパク質の分解を促進している事が判明しました。
そのため、ガンキリンの発現を抑制する事で肝細胞がんの治療ができないか実験を行いました。
 シャーレ実験による軟寒天中でのがん細胞のコロニー形成を観察した結果、がん細胞のコロニー形成を抑制することが示されました。

 ほぼ全てのがんで高発現しているガンキリンの特殊性

ガンキリンの働き
ガンキリンは複数の主要な腫瘍抑制因子を死滅させる働きがあるため、抑制遺伝子が本来の機能を果たせず、がんの進行へと繋がるケースがあります。
がん細胞の表面に存在しているタンパク質や遺伝子を標的とする「分子標的薬」と呼ばれるものは、例えば、肺がんには、肺がんで形成されるタンパク質を用いて治療を行いますが、このタンパク質形成出来るのが、約60%の患者さんとなり、残りの40%の患者さんでは形成出来ていないという事もあります。
これによるデメリットは40%の患者さんには効果がないという事になります。

しかし、このガンキリンの特徴として、腫瘍によっては「ほとんどの患者さんで高発現」という点です。


他のタンパク質に比べこれほど高発現しているタンパク質は恐らく現時点でがありません。

 

がん治療内容・料金一覧へ