自家がんワクチン療法についてご案内しています。東京で自家がんワクチン療法なら当クリニックへ。

一人ひとり専用の免疫療法「自家がんワクチン療法」

 

 癌(がん)は、同じ種類の癌であったとしても、一人ひとりで特徴や状態が異なります。
 そのため、がん治療に使用するワクチンは、その癌の特徴に合わせたものを使用するのが理想と言えます。
 自家がんワクチン療法とは、本人のがん組織を使用することで、患者様一人ひとりに合わせた専用のワクチンを作るがん免疫療法です。

現在注目されているがん治療法

 癌は、今でも日本人の死因第1位の病気であり、3人に1人は癌にかかるとされています。
 がん治療には、手術・放射線治療・抗がん剤治療という三大治療法(標準治療)がありますが、それらの治療だけでは不十分な患者様も存在します。
 そこで、第4の治療法としてがんの免疫療法が現在注目されています。
 免疫療法の基本は、生まれた時から備わっている体内の免疫力を強化することにより、がん細胞を退治するというものです。
 免疫療法にも数多くの種類が存在しますが、自家がんワクチン療法は患者様本人のがん組織を使用し、専用のがんワクチンを製造しますので、一般的な免疫療法と比べてより高い効果を期待出来ます。
 また、時間のかかる細胞培養も必要が無いため、スピーディーかつ安価な治療法という特徴もあります。

 

自家がんワクチン療法の原理

 

  皆さんの体内には、正常な細胞が何らかの原因で異常細胞(がん細胞)になった際に、それらを排除する免疫機能が備わっています。
 しかし、がん細胞は正常細胞と似ている部分が多いため、必ずしも免疫機能で迅速にがん細胞を排除できるとは限りません。
 そのため、自家がんワクチン療法では、専用ワクチンの作製において、患者様本人のがん組織を特殊加工して使用します。
 そうすることで、免疫細胞にがん抗原(がんの目印)を記憶させ、がん細胞のみをターゲットとして攻撃することが可能となります。

がんの再発や転移にも有効な治療法

 専用ワクチンの作製原料には、診断用に手術で取り出したご本人のがん細胞を使用します。
 生のがん細胞・組織は必要ありませんので、大掛かりな手術も行いません。
 患者様専用のワクチンを体内に投与すると、免疫細胞がより活性化し、がん細胞を排除しようと動き出します。
 自家がんワクチン療法では、手術で切除出来ていなかった目に見えない小さながん細胞も排除することが可能ですので、がんの再発防止や転移を防ぐことにも繋がります。

 

がんの標準治療では根治出来ない患者様も

 

 がんの標準治療(手術・放射線治療・抗がん剤)では根治出来なかった患者様でも、諦める必要はありません。
 ”保険診療”による癌の治療法は残っていないかもしれませんが、”自費診療”による治療法についても試してみる価値はあります。
 自家がんワクチン療法は、出来るだけ早期に受診して頂きたいですが、癌が再発や転移してしまった方であったとしても、通院可能であれば治療を受けて頂けます。
 東京で標準治療では癌を根治出来なかった方は、一度当クリニックまでご相談ください。
 当クリニックでは、自家がんワクチン療法以外にも多くのがん治療法をご用意しておりますので、患者様の容態などによって適した方法をご提案させて頂きます。