がんのご相談はお気軽にお問い合わせください。

がんの相談が初めての方へ がんの相談が初めての方へ

 がん治療の無料相談センターでは、がんでお悩みの患者様、またはそのご家族の皆様のご相談をお受けしております。
 患者様の状態に応じて、医療コーディネーターが適切な病院、クリニックをご紹介させて頂きます。

こんなお悩みを解決します こんなお悩みを解決します

医療の知識が無くてもご安心ください。
医療コーディネーターが分かり易く丁寧にお答え致します。

がん治療のお問い合わせはこちら

お電話でも受け付けております。
東京がん相談専門センター
フリーダイヤル0120-833-113
(毎日ご対応)
※お電話が混み合っている際は、メールでのお問い合わせを推奨致します。
着信を残して頂ければ、再度こちらかお掛け直しさせて頂きます。

CMSグループ

私たちが患者様へ5つのお約束 私たちが患者様へ5つのお約束

知っておきたいがん治療の基本 知っておきたいがん治療の基本

 「がん治療」と一言で言っても治療方法は様々です。
 保険診療範囲では、「外科療法」、「放射線治療」、「抗がん剤治療」などの標準治療に加え、自由診療の先端医療として注目されている「遺伝子量」「免疫療法」などが挙げられます。

外科療法(手術)

外科療法(手術)

 外科手術は最もイメージし易い方法かと思います。
 メスを用いて、物理的にがん細胞を切り取る治療法です。
 がん細胞を完全に取り除く事が出来れば、完治する事が可能な方法です。
 外的な傷跡も現代では内視鏡の技術の進歩により、大きく体を切開しなくても済む症例も増加傾向にあります。
 手術による選択は、がんの転移がない状態に限られます。
 転移が1つでも存在する場合は、手術を行う事はできません。

抗がん剤(化学療法)

抗がん剤(化学療法)

 「抗がん剤治療」はよく耳にする治療方法ですが、ほぼ全てのがんに効果面が見込める治療方法です。 
 また、転移しているがんにも対応している点が特徴です。
 しかし、効果と副作用が反比例しており、治療期間は、脱毛、嘔吐等と闘いながら行う必要があります。
 この治療方法は白血病以外のがんに対しては、がん細胞を完全に死滅させる事が困難であり、進行を抑制、または延命で行うケースも少なくありません。

放射線治療

放射線治療

 放射線治療は手術のように物理的にメスを入れる事なく、ピンポイントでがん細胞にアプローチする方法です。
 放射線治療は手術と並行して使用されるケースも多い方法にはなります。
 手術で取りきれなかったがん細胞にもこの放射線治療は活躍します。
 治療における体への負担は、手術に比べて比較的少ないですが、抗がん剤と同様の副作用は存在する場合があります。
 効果の出方に関しては、部位に依存する方法であるため、効果が期待出来ない場合もあります。

がん発見時に転移が認められなかった方の10年生存率

限局がん10年生存率(男性) 限局がん10年生存率(女性)


限局がんとは何か?

 がんが生成される原発部に留まっている状態の事を指し、他の臓器に転移していない状態のがんを限局がんといいます。
 そのため、手術により腫瘍を取り除く事が出来る場合が多く、治療後の予後も良好である場合が多い傾向にあります。

がん発見時に転移が認められた方の10年生存率

遠隔がん10年生存率(男性) 遠隔がん10年生存率(女性)


遠隔がんとは何か?

 遠隔臓器、遠隔リンパ節等、原発部分の臓器以外にも転移・浸潤が見られるがんを遠隔がんといいます。
 そのため、手術を行う事が難しい傾向にあるため、抗がん剤治療などの治療により進行を抑制しする治療へ移行する傾向にあります。

最先端医療の混合治療

がんに対する適切な治療方法は種類によって様々

遺伝子医療
がんの転移を抑制しながら、悪性がん遺伝子を正常化する
 重粒子線治療 手術を行う事が困難な深部に存在するがんに対する
 陽子線治療 多角的な方面より、がん細胞に刺激を与える
 ホウ素中性子補足療法 がん細胞を選択的に狙う
 免疫細胞療法 人間が本来携えている免疫の活性化によりがんを抑制する

三大治療では行えない領域の治療もこのような最先端治療の進歩により行う事が可能となりました。
しかし三大治療の効果面の高さはないがしろにはできず、三大治療と先端治療を組み合わせて治療を行う事でより確実な効果が期待出来ます。
尚、これらの先端治療は現在、公的医療保険が認可されていない、先進医療や自由診療に分類されます。

がん治療は今尚、進化しています

次世代がん治療「遺伝子医療」

次世代がん治療「遺伝子医療」

 がん治療の進歩に加えて、次世代のがん治療として注目されてるのが「遺伝子医療」です。
 遺伝子医療は、「手術」「抗がん剤」「放射線」などの標準治療とは、異なり代替治療に分類されます。
 遺伝子レベルの最先端の治療技術を用いて、患者様に応じて適切な遺伝子をブレンドし、投与する事が可能となっています。
 遺伝子治療の研究は近年目覚しい進歩を遂げており、がんを引き起こす要因となる遺伝子や、反対にがんを抑制する事が出来る遺伝子を数多く、発見されています。

がん遺伝子医療が標準化傾向

がん遺伝子医療が標準化傾向

 がんの「遺伝子治療」と聞くと聞きなれないかもしれませんが、がんを抑制する事が可能な遺伝子を点滴により、体内に導入します。
 標準治療と違い、入院しない事も特徴の一つで、日常生活を送って頂きながら通院する事で治療を行う事が可能です。
 抗がん剤とは違い、正常な細胞にダメージを与えないため、目立った副作用もなく、ステージに関係なく、治療を行う事が可能です。
 再発・転移など、進行じた状態のがんにも効果がある事は認められており、標準治療との相乗効果も期待出来ます。

患者様に応じて治療方法が決定

患者様に応じて治療方法が決定

 がん治療に負担は避けられません。
 がん治療における苦痛を以下に避ける事が出来るかも重要な治療方法の選択の一つです。
 遺伝子医療は副作用が少なく、効果も認められている治療方法ではありますが、同時に医療コストも高額になる事が、多いです。
 その理由の一つが、健康保険の適応が認められていない場合が多く、がんの遺伝子治療、または一定の分子標的薬も公的保険の適応外となっているのが現状です。
 患者様個人個人に対応した、治療が可能な遺伝子治療を受けるには、自由診療、混合診療という選択も必要となります。

がんの遺伝子医療の現状と可能性

 がんの遺伝子医療が効果があると認められている訳

がんの遺伝子医療が効果があると認められている訳

 遺伝子医療は、標準治療と違い、がん細胞を破壊したり、取り除くのではなく、細胞を正常化する役割があります。
 がんの生成起因としては、遺伝子の損傷によって変異いた細胞が増殖する事が挙げられます。
 遺伝子医療ではこれらの変異した細胞の正常化を促し、体内からがん細胞を消していく働きがあります。
 そのため、体への負担も最小限に抑えられる利点があり、日常生活を送って頂きながら治療を並行して行う事が可能です。

 入院ではなく、通院で点滴治療により効果を見いだせる

入院ではなく、通院で点滴治療により効果を見いだせる

 遺伝子医療では、患者様に応じて回数は治療のスパンは様々ですが、月2~4回の点滴を行います。
 点滴により、がんの抑制因子を体内に投与し、ウィルスベクター、レトロウィルスベクター、レンチウィルスベクターと呼ばれる、がんの運搬を行うこれらのいずれかに抑制遺伝子を乗 せて各細胞に届けます。どのベクターを選択するかは、クリニック、病院により様々です。

 がん治療におけるリスクの低減

がん治療におけるリスクの低減

 がん治療には「副作用」があるというイメージが定着していますが、遺伝子医療も実は例外ではなく、少なからず副作用は存在します。
 その一つは遺伝子タンパクを体内に投与する事によって、生じる可能性があるアレルギー反応です。
 また発熱や血圧低下も副作用として生じる可能性もありますが、ステロイドを投与する事によって、これらの副作用はほぼ抑制する事が可能です。
 がん治療の能力はクリニック、病院によって様々です。知識不足によりがんを反対に誘発してしまう、正反対の治療を行ってしまう危険性さえあります。

 三大治療との相乗効果も期待出来る

三大治療との相乗効果も期待出来る

 標準治療の一つ、手術では、腫瘍を物理的に摘出し改善を図りますが、転移が確認された場合、またはすべてを取り除く事ができず、微量でも点在してしまっている場合に、遺伝子医療が活躍します。
 遺伝子医療は全身治療を行う事が出来るため、見落としてしまった小さながんや、取りきれていない小さながんにも効果を発揮し、再発、転移のリスクを最小限に低減させる事が可能な方法です。
 がんのステージによっては、標準治療を受けられない場合もありますが、遺伝子医療を行う事で、標準治療を受けられるまでに回復出来る事もあります。
そのため、標準治療と並行して遺伝子治療を行う事で、効率的にがん細胞を縮小していく事が期待出来ます。

 がんの種類・ステージに関係なく治療が可能

がんの種類・ステージに関係なく治療が可能

 がんの遺伝子医療の優れた点として、がんの種類やステージに問わず治療が可能です。勿論末期ガンを宣告された方にも治療を行う事が可能です。
 遺伝子治療は正常な細胞にダメージを与えないため、がんの進行具合に依存せず、治療を行う事が出来ます。
治療以外にも予防としても使用出来、再発予防として使用する事もあります。
 標準治療でもがんの親玉と呼ばれるストレスに強い幹細胞を死滅さえる事は難しいと言われていますが、遺伝子医療はこの幹細胞に対しても有効な治療法として知られております。

ご相談からご紹介までの流れ ご相談からご紹介までの流れ

当社顧問紹介

 竹之内

CMS最高責任者
インフォームド・コンセント他
竹之内 健二

小林賢次医師

医療顧問
東京がんクリニック院長
小林 賢次

がんの相談が初めての方へ がんの相談が初めての方へ

メールでのお問い合わせはこちら