がんのご相談はお気軽にお問い合わせください。

がんのご相談はお気軽にお問い合わせください。

 がん治療の無料相談センターでは、がんでお悩みの患者様、またはそのご家族の皆様のご相談をお受けしております。  患者様の状態に応じて、医療コーディネーターが適切な病院、クリニックをご紹介させて頂きます。

TGC東京がんクリニック相談窓口

医療の知識が無くてもご安心ください。
医療コーディネーターが分かり易く丁寧にお答え致します。

がん治療のお問い合わせはこちら

お電話でも受け付けております。
東京がん相談専門センター

0120-833-113

(毎日ご対応)

※お電話が混み合っている際は、メールでのお問い合わせを推奨致します。
着信を残して頂ければ、再度こちらかお掛け直しさせて頂きます。

また日々沢山の方々からご質問が寄せられております。
少しでも多くの方へお答え出来るよう、無料相談はお一人様1回限りで、
お電話に関しては10分に制限させて頂いております。
予めご了承ください。

標準治療

外科療法(手術)

外科療法(手術)

 外科手術は最もイメージし易い方法かと思います。  メスを用いて、物理的にがん細胞を切り取る治療法です。  がん細胞を完全に取り除く事が出来れば、完治する事が可能な方法です。  外的な傷跡も現代では内視鏡の技術の進歩により、大きく体を切開しなくても済む症例も増加傾向にあります。  手術による選択は、がんの転移がない状態に限られます。  転移が1つでも存在する場合は、手術を行う事はできません。

抗がん剤(化学療法)

「抗がん剤治療」はよく耳にする治療方法ですが、ほぼ全てのがんに効果面が見込める治療方法です。   また、転移しているがんにも対応している点が特徴です。  しかし、効果と副作用が反比例しており、治療期間は、脱毛、嘔吐等と闘いながら行う必要があります。  この治療方法は白血病以外のがんに対しては、がん細胞を完全に死滅させる事が困難であり、進行を抑制、または延命で行うケースも少なくありません。

抗がん剤(化学療法)
放射線治療

放射線治療

 放射線治療は手術のように物理的にメスを入れる事なく、ピンポイントでがん細胞にアプローチする方法です。  放射線治療は手術と並行して使用されるケースも多い方法にはなります。  手術で取りきれなかったがん細胞にもこの放射線治療は活躍します。  治療における体への負担は、手術に比べて比較的少ないですが、抗がん剤と同様の副作用は存在する場合があります。  効果の出方に関しては、部位に依存する方法であるため、効果が期待出来ない場合もあります。

がんのご相談はお気軽にお問い合わせください。

がんのご相談はお気軽にお問い合わせください。

当社顧問紹介

インフォームド・コンセント他 竹之内 健二

CMS最高責任者

インフォームド・コンセント他 竹之内 健二

医療顧問

東京がんクリニック院長 小林 賢次

東京がんクリニック院長 小林 賢次
PAGE TOP