岐阜の皆様へ「当院の光免疫療法について」

「光免疫療法」というがん治療法について、岐阜でがんにお悩みの皆様にご説明させていただきます。

光免疫療法って何?

光免疫療法は、薬剤と特定の波長の光を組み合わせてがん細胞を攻撃する治療方法です。
まず、患者様に特定の薬剤を投与します。この薬剤は、がん細胞へ選択的に集積します。
その後、特定の波長の光を照射することで、薬剤が活性化し、がん細胞を破壊する作用を発揮します。
この治療法は、がん細胞を選択的に攻撃するため、健康な細胞へのダメージが少ないという特長があります。
以下より当院の光免疫療法の詳細をご確認頂けます。

当院の特別な取り組み

当院では、患者様一人一人の病状やがんの種類に応じて、光免疫療法のプランをカスタマイズしています。
薬剤の選定から光の照射時間まで、個々のニーズに合わせて治療を進めています。

岐阜で光免疫療法をお考えの方へ

癌に関するお悩み
癌に関するお悩み

当院をご利用されている患者様

当院にご来院される患者様
当院にご来院される患者様

岐阜の皆様へ「当院の光免疫療法について」

「がん」という疾患は一つの型にはまらない多様な疾患であり、治療法も一つでは答えられません。
がんの種類や進行度、体質など、患者様の状況はそれぞれ異なります。
そのため、当院では患者様の状況やニーズに合わせて、治療内容を調整しています。
例えば、使用する薬剤の選定、治療装置の調整、照射時間の最適化など、患者様一人一人の状態に合わせた治療を行っております。

岐阜の皆様へ: 当院の光免疫療法とは

岐阜の皆様へ: 当院の光免疫療法とは

Fig.1は、光免疫療法を採用している医療施設での一般的な治療手法を示しています。
しかし、患者様の特定の状態に合わせてがん細胞をより対処するためには、当院独自の治療法(Fig.2を参照)も使用する必要があると認識しており実施しております。

光療法

直接的にがんを攻撃し破壊する

光療法(岐阜の方へご紹介)
薬剤を保持
光を照射し薬剤を反応

光療法(岐阜の方へご紹介)
薬剤を保持
光を照射し薬剤を反応

免疫療法

破壊された細胞を免疫が覚え再度攻撃する

免疫療法2次作用(岐阜の方へご紹介)
免疫療法2次作用(岐阜の方へご紹介)

TGCの光免疫療法は全身に対応

EPR効果を使用しているため、全身のがんに対応

TGCの光免疫療法は全身に対応
TGCの光免疫療法は全身に対応

アクセス情報

  • 当院は東京都内にありますが、岐阜からも新幹線や飛行機を利用してアクセス可能です。
  • 新幹線: 名古屋駅から東京駅まで約1.5〜2時間
  • 飛行機: 中部国際空港から羽田空港まで約1時間

まとめ

当院の光免療法に関してご説明致しました。
定期的な健康チェックも、治療の成功に寄与します。
患者様自身の意識や取り組みが、予後の改善に繋がると思います。
ご不明点や質問があれば、お気軽にお問い合わせください。
患者様の健康と治療の成功を心よりお祈りしております。

各部位に関する情報に関しましてはこちらを御参考ください。

癌の光免疫療法詳細はこちら

土日祝も毎日電話対応しております

癌統括医師

小林賢次院長

院長 小林賢次

経歴

  • 1991年3月 京都大学法学部卒業
  • 2000年3月 富山医科薬科大学医学部医学科卒業
  • 2000年5月 同愛記念病院 臨床検査科
  • 2002年5月 NTT東日本関東病院病理診断部
  • 2011年6月 新八重洲クリニック 院長
  • 2019年1月~ 東京がんクリニック開院

出身大学

  • 京都大学法学部卒業
  • 富山医科薬科大学医学部医学科卒業

資格

  • 日本医師会 認定産業医
  • 日本医師会 認定スポーツ医
  • プライマリケア連合学会 認定医
  • 日本抗加齢医学会 専門医
  • 日本人間ドック学会 認定医

TGC東京がんクリニック 院長挨拶

 私は、保険診療をするうちに現在の標準治療だけでは、すべての患者さんの治療を完治・根治するのは難しいと感じました。  標準治療と自由診療の治療を併用することで、がん治療の効果を上げ、一人でも多くの患者様に完治・根治の確率を上げていきたいと思います。  自由診療は今まで、保険診療とは違い症例数が少なかったのですが、ここ数年、がんの患者数が増加して、免疫療法や遺伝子治療などの治療を受ける患者様が増えてきたことにより症例数も増えてきました。  私は、標準治療と自由診療の併用治療が今のがんの患者様の治療効果を上げることはもちろん、副作用が少なく患者様の身体と心に負担の少ない治療を心がけております。  標準治療は提携の医療機関をお勧めし、自由診療は当院が最新の治療を駆使して治療に尽力致します。

TGC東京がんクリニック院長 小林賢次

メールでのお問い合わせはこちら

    *は必須項目です。

    PAGE TOP