癌の遺伝子治療に関するメリット・デメリットなどをご案内します。

編集日

 当該ページ目次

  1. 近年注目されている癌の「遺伝子治療」
  2. がん遺伝子治療のメリット・デメリット
  3. がん遺伝子治療に必要な費用の目安
  4. 癌になる前に準備をしておくことが重要
  5. がん治療をお考えの方へTGC東京がんクリニックをご紹介
  6. がんの光免疫療法
  7. 昭和大学江東豊洲病院と国立がんセンター内の研究所(Abnova Diagnostics)と提携
  8. メールでのお問い合わせはこちら

近年注目されている癌の「遺伝子治療」

近年注目されている癌の「遺伝子治療」

 医療業界において、癌の遺伝子治療は近年注目されている治療法の1つと言えるでしょう。
 しかし、最近になって目にするようになってきた治療法ですし、実際にどのようなメリット・デメリットが存在するのかご存知ない方が殆どではないでしょうか。
 このページでは、癌の遺伝子治療のメリット・デメリットや必要な費用などの情報をお伝えしていきます。
 現在、東京の病院・クリニックでがん治療を検討中の方は参考にしてください。

がん遺伝子治療のメリット・デメリット

がん遺伝子治療のメリット・デメリット

 癌の遺伝子治療とは、がん抑制を目的とした遺伝子を注射や点滴によって細胞の中に入れることで、がん細胞を抑え込む治療法となります。
 がん治療の中では新しい治療法であり、今後の成果が期待されています。
 しかし、どんな治療法にもメリット・デメリットが存在しますので、遺伝子治療を受ける前に知っておく必要があります。

遺伝子治療のメリット


①副作用が少ない

 標準治療では副作用を伴うこともありますが、遺伝子治療には殆ど副作用がありません。
 がん抑制遺伝子をがん細胞内に注入することで、がん細胞の異常増殖を止め細胞死(アポトーシス)へと導きます。
 がん遺伝子医療で使用する抑制遺伝子は、正常細胞に悪影響を及ぼすことが無いため、副作用は少ないとされています。
 そのため、体力の少ない小児や高齢者の癌にも適応可能です。

癌の状態に関係なく治療可能

②癌の状態に関係なく治療可能

 がん細胞の発生や増殖には、がん抑制遺伝子の異常と深い関りがあります。
 そのため、癌の状態(病期)に関わらず遺伝子治療は高い効果が期待できる治療法となります。
 また、全身のどの部位の癌にも適応可能であるため、治療範囲が広いのもメリットです。

③耐性をもった癌にも有効

 癌の中には、発生当初から抗がん剤が効かないがん細胞や、治療期間中に耐性を持ってしまうがん細胞(獲得耐性)が存在します。
 遺伝子治療は、がん細胞内で作用するので耐性を持たれることが無く、更に抗がん剤では効果を出せない耐性を持ったがん細胞にも有効です。

他治療との併用可能

④他治療との併用可能

 遺伝子治療は、手術や抗がん剤治療、放射線治療といった他の治療を受けていても問題なく併用可能です。
 他の治療では対応・根治することが出来ない癌に対して有効な場合もあるため、標準治療と遺伝子治療を組み合わせた複合治療はより有効的な治療法となります。

⑤日常生活に負担が少ない

 がん遺伝子治療は、基本的に点滴静注となります。
 簡単な治療に分類されますので、入院をする必要もありません。
 そのため、日常生活を送りながら通院治療を受けることが可能です。

遺伝子治療のデメリット

遺伝子治療のデメリット


①保険適用外の治療法

 遺伝子治療は先端医療となるため、現段階では保険適用外となります。
 自由診療として扱われるため、全額自費負担となりますので注意してください。
 しかし、標準治療と同等の効果が確立されれば、癌の遺伝子治療についても保険適用になる可能性があります。

②治療費が高額になりやすい

上記の通り、遺伝子治療は自由診療扱いとなりますので保険適用外の治療法です。
 また、高額療養費制度の適用もされないため、治療費が高額になりやすいです。
 しかし、医療費控除の対象ではありますので、遺伝子治療の領収書は全て保管するようにしてください。

がん遺伝子治療に必要な費用の目安

がん遺伝子治療に必要な費用の目安

 がん遺伝子治療は、治療方法や遺伝子の種類、治療回数などによって金額が大きく変動します。
 また、治療を受ける病院・クリニックによっても価格が異なります。
 遺伝子治療に必要な費用の目安としては、最低でも「200~300万円」はかかると考えておきましょう。
 全額自費で負担するのは厳しいと思いますので、自由診療にも対応しているがん保険に入っておくと、安心して治療を受けることが可能です。

癌になる前に準備をしておくことが重要

癌になる前に準備をしておくことが重要

 ここまで、癌の遺伝子治療についてメリット・デメリットなどを解説してきました。
 遺伝子治療は自由診療扱いですので、治療を受けるには高額な費用を負担する必要があります。
 しかし、癌に対して最善の治療法を選ぶことが大切ですので、がん保険に加入しておくなど費用の心配なく治療法を選べる準備をしておきましょう。
 現在、東京でがん治療に関するお悩みを抱えている方は、東京がんクリニックまでお気軽にご相談ください。
 がん治療専門クリニックですので、他の病院・クリニックでは解決出来なかったお悩みにも親身になって対応致します。

がん治療をお考えの方へTGC東京がんクリニックをご紹介

がん治療をお考えの方へTGC東京がんクリニックをご紹介

 ここまで遺伝子治療のメリットデメリットをお話してきましたが、当院では遺伝子医療の他にも多岐に渡るがん治療法を完備しております。

がん治療方法・費用はこちらを御参考ください

 当院は日本でも現状導入院が少ない、光免疫療法を導入しております。
 がん治療をご検討されている方の中で、光免疫療法をご存知でない方も多いかもしれませんが、光免疫療法は世界中で行われている治療方法です。
 海外では免疫療法を心待ちにしている方も多く、がん治療において近年需要が拡大傾向にあります。
 以下に光免疫療法の説明を簡潔に記載致します。
 御参考ください。

がんの光免疫療法

第5の治療法 第5の治療法

光免疫療法は世界中で行われている

光免疫療法とは
光免疫療法は、光療法(直接的にがんに攻撃し破壊する)と免疫療法(破壊されたがん細胞を免疫が覚え再度攻撃する)を組み合わせた新たながん治療である。

治療内容
光治療は、1日目にがんに集まり光に反応する薬剤を点滴で入れて、2日目に近赤外線で光を当てる。

光療法 光療法

EPR効果

免疫療法 免疫療法

がん細胞を攻撃 がん細胞を攻撃

TGCの光免疫療法は全身のがんに対応 TGCの光免疫療法は全身のがんに対応

治療部位 治療部位

 現在では日本で光免疫療法を導入している、病院およびクリニックは少なく、治療を待ち望まれている患者様の多い治療となります。
 当院が採用している光免疫療法は大腸がんやすい臓がん、乳がんなど「全身のがん」にご対応可能です。
 またがん治療の他にもがん検診、検査も行えます。
 どのような事でもまずはお問い合わせください。

昭和大学江東豊洲病院と国立がんセンター内の研究所(Abnova Diagnostics)と提携

お電話でのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら