手遅れと言われた進行した膀胱がんに挑む「現代の治療の突破口」

進行膀胱がんの深刻性

膀胱がんは、膀胱の内側にある上皮細胞から発生することが一般的で、多くは非筋層浸潤性がんから始まります。
しかし、がんが筋層に浸潤し、さらには膀胱外に拡がると、進行膀胱がんと呼ばれるようになります。
この段階では、がん細胞が血流やリンパ系を通じて体の他の部分に広がる可能性が高くなります。
進行膀胱がんは、治療が遅れると生存率が著しく低下し、患者様の生活の質にも深刻な影響を及ぼします。
症状の進行と共に、痛み、体重減少、疲労感などの全身症状が現れることもあります。

進行膀胱がんの診断

進行膀胱がんの診断は、尿検査、膀胱鏡検査、CTスキャン、MRI、PETスキャンなど、複数の方法を組み合わせて行われます。
これらの検査により、がんの存在、大きさ、拡がり具合が評価され、適切な治療計画が立てられます。
しかし、これらの検査には限界があり、微小な転移を見逃す可能性もあります。
そのため、定期的なフォローアップが必要とされ、状況に応じて治療計画を調整する必要があります。

進行膀胱がんの従来治療

進行膀胱がんの従来の治療法には、根治的膀胱摘出術や化学療法が含まれますが、これらはしばしば患者様に大きな負担をかけます。
根治的膀胱摘出術は、膀胱だけでなく、周囲の組織やリンパ節を取り除く大規模な手術です。
化学療法は、がん細胞を攻撃する薬剤を使用しますが、しばしば副作用が伴い、特に進行したがんでは効果が限定的な場合があります。
放射線療法も選択肢の一つですが、放射線による損傷が正常組織にも及ぶことがあります。
これらの治療法は、がんの進行を遅らせることはできても、完治には至らないことが多いのが現実です。

光免疫療法の実際

光免疫療法は、まず特定の薬剤を体内に投与し、その後、外部から特定の波長の光をがん細胞に照射します。
光が薬剤に作用することで、活性酸素が生成され、がん細胞を破壊します。
この治療は局所的に行われるため、全身への影響が少なく、患者様の体への負担を軽減します。
光免疫療法は、他の治療法で効果が見られなかった患者様にとっても、状態に応じて適応する事が可能です。
以下より当院の光免疫療法の詳細をご確認頂けます。

土日祝も毎日電話対応しております

関連記事

PAGE TOP