手遅れと言われた咽頭がん「治療における患者様の選択肢」

咽頭がんの進行とその対応

咽頭がんの概要と原因

咽頭がんは、咽頭の細胞が異常に増殖し、悪性腫瘍を形成することを指します。
咽頭は、口の奥から気管や食道に繋がる管状の部分で、この部分の細胞ががん化することで発症します。
多くの場合、タバコやアルコールの過度な摂取、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染などが主な原因とされています。
これらのリスク要因にさらされ続けることで、咽頭の細胞に変異が生じ、がん化が進行する可能性が高まります。
早期の段階では特有の症状が現れにくいため、定期的な健康診断や自己チェックが重要です。

「手遅れ」と言われる状態の特徴

「手遅れ」とは、がんが進行し、従来の治療法での治癒が難しい状態を指します。
この段階では、がんが咽頭の外部に広がり、リンパ節や他の臓器に転移している可能性が高いです。
また、症状としては、嚥下困難、耳痛、首の腫れ、体重の減少などが現れることが一般的です。
この状態になると、従来の手術や放射線治療だけでの治療は困難となり、組み合わせ治療や治療法の適用が考慮されます。

光免疫療法のメカニズム

光免疫療法は、特定の光に反応する薬剤をがん細胞に集積させ、その後特定の波長の光を照射することでがん細胞を破壊する治療法です。
薬剤は、がん細胞のみに集積する性質を持ち、健康な細胞には影響を与えません。
照射される光は、薬剤と反応し、活性酸素を生成することで、がん細胞を効果的に破壊します。
この治療法のメリットとして、副作用が少なく、体への負担が低い点が挙げられます。
以下より当院の光免疫療法の詳細をご確認頂けます。

「手遅れ」と言われた咽頭がんへの光免疫療法の適用

「手遅れ」と言われた咽頭がんの患者様に対しても、光免疫療法は適応できる可能性があります。
特に、他の治療法に抵抗性を持つがん細胞や、手術が困難な部位に存在するがんに対して、光免疫療法は選択肢となり得ます。
また、治療後の生活の質の維持や向上を目指す場合にも、この治療法は選択されるケースもあります。
光免疫療法は、がんの進行状況や位置、患者様の体調に応じて、個別に治療計画が立てられます。

まとめ

咽頭がんは、進行が速いがんの一つであり、早期発見・早期治療が非常に重要です。
しかし、「手遅れ」とされた状態でも、治療法や組み合わせ治療により、治療の可能性は広がっています。
治療の適応や方法、及び期待できる効果には、専門医との相談が必要です。

土日祝も毎日電話対応しております

関連記事

PAGE TOP