膵臓がんや肺がんなどを発生させる要因や予防についてご案内しています。がんの光免疫療法導入院東京がんクリニック

編集日

 当該ページ目次

  1. がんの要因と予防2(肝臓がん・胆嚢がん・胆管がん・膵臓がん・肺がん)
  2. がんの予防にはまず知ること大切
  3. がんの要因と予防について(肝臓がん~肺がん)

がんの要因と予防2(肝臓がん・胆嚢がん・胆管がん・膵臓がん・肺がん)

がんの要因と予防2(肝臓がん・胆嚢がん・胆管がん・膵臓がん・肺がん)


1.がんの予防にはまず知ること大切
 現代では医学や医療技術の発達により、がんの根治も可能な時代となりました。
 しかし、がんを発症してから治すのではなく、未然に予防をすることも重要です。
 このページでは、肝臓がんや肺がんなどの臓器についての要因や予防法などをご紹介させて頂きます。
 東京でがんの予防・根治なら当クリニックへお気軽にご相談ください。
当院では「光免疫療法」を導入しており、「肝臓がん」「・胆嚢がん・胆管がん」「膵臓がん」「肺がん」または末期がんに関してもご対応させて頂く事が可能です。

がんの予防にはまず知ること大切

がんの予防にはまず知ること大切

 現代では医学や医療技術の発達により、がんの根治も可能な時代となりました。
 しかし、がんを発症してから治すのではなく、未然に予防をすることも重要です。
 このページでは、肝臓がんや肺がんなどの臓器についての要因や予防法などをご紹介させて頂きます。
 東京でがんの予防・根治なら当クリニックへお気軽にご相談ください。

がん検査の目的と重要性に関してはこちらを御参考ください。

がんの要因と予防について(肝臓がん~肺がん)

がんの要因と予防について(肝臓がん~肺がん)

 それでは、がんの主な要因や予防についてご紹介します。
 このページでは、肝臓・胆嚢・胆管・膵臓・肺がんに関する要因と予防についてを記載しています。

がん検査の目的と重要性に関してはこちらを御参考ください。

(1)肝臓がん

●肝臓がんの要因
 肝臓がんは、その9割程度が肝細胞がんとなります。
 肝細胞がんを発生させる最も大きな要因は、肝炎ウイルスの持続感染となります。
 具体的には、ウイルスが持続感染した後、肝細胞で長期間炎症や再生が繰り返され、遺伝子が突然変異することで肝臓がんを発生させるとされています。
 また、日本では肝細胞がんの90%異常がB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスが原因とされています。
 肝炎ウイルスの持続感染以外では、喫煙やアフラトキシン(かびが生成する毒)は確実な要因と言われています。
 その他にも、飲酒や肥満(運動不足)なども肝臓がんを発生させる要因になると考えられています。

肝臓がんの予防

●肝臓がんの予防
 肝炎ウイルスの感染予防が最も確実となります。
 そのためには、まず肝炎ウイルスに感染しているかの有無を確認することや、感染している場合に早期対策を行うことが大切です。
 B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスは、基本的に日常生活で感染することは無いと考えて良いでしょう。
 しかし、40歳以上の方は自覚症状が無くても肝炎ウイルスの検査を受けてみることをお勧めします。
 肝炎ウイルスに感染してしまった場合には、喫煙者の方は禁煙、禁酒、適度な運動などを心掛けましょう。
 感染を防ぐためには、他人の血が付着している物を借りて使用することをしないなど、日常的に注意が必要です。
 肝臓がんの原因や症状をさらに詳しく確認する場合はこちらをご参考ください。

胆嚢がん・胆管がん

(2)胆嚢がん・胆管がん

●胆嚢がん・胆管がんの要因
 胆嚢がんや胆管がんは、他の部位と比較して発生率が低いため、要因がはっきりと解明されていません。
 しかし、潰瘍性大腸炎やクローン病、胆嚢炎・胆管炎・胆石などの胆道系疾患を過去に経験されている方については、胆嚢がんを発生させる可能性が高いと言われています。

●胆嚢がん・胆管がんの予防
 要因がきちんと解明されていないため、予防法についても確実だとされているものは少ないです。
 そういった中でも、胆嚢摘出術などは胆嚢がん・胆管がんの予防に繋がると言われています。
 また、肥満、野菜や果物の不足、女性については胆嚢がん・胆管がんの要因になると挙げられていますので、発生するリスクが高いと自覚がある方は、生活の中で改善できることから始めていきましょう。
 胆嚢がん、胆道がんの原因や症状をさらに詳しく確認する場合はこちらをご参考ください。

膵臓(すいぞう)がん

(3)膵臓(すいぞう)がん

●膵臓がんの要因
 膵臓がんについても、上の胆嚢がん・胆管がんと同様に発生率が低いため、はっきりとした要因が解明されておりません。
 しかし、喫煙者や肥満体型の方については確実に膵臓がんを発生させるリスクが上がるとされています。
 また、糖尿病や慢性膵炎を発症している方についても発生率が上がると言われていますが、まだ確実な研究結果は出ておりません。
 膵臓がんの原因や症状をさらに詳しく確認する場合はこちらをご参考ください。

肺がん

(4)肺がん
 肺がんは、早期では無症状であることが殆どであるため、肺がんに気付いた時にはステージが進行していることが多いです。
 症状が進行すると、咳や痰、発熱、胸の痛みといった呼吸器についての症状が現れます。
 そのため、上記の症状が長引いたり、複数の症状が出ている場合には、早めに医療機関で検査を受けてください。

肺がんの要因

●肺がんの要因

 皆さんがご存知の通り、肺がんを発症させる最大の要因は喫煙となります。
 タバコの煙には、三大有害物質であるニコチン、タール、一酸化炭素の他にも70種類以上の発がん性物質が含まれています。
 そのため、喫煙者の方は肺がんを発症する可能性が上がることが様々な研究結果によって判明しています。
 日本人を対象とした研究結果では、喫煙をしない人と比べて約4倍のリスクがあるとされています。
 また、2016年8月には国立がん研究センターによって、受動喫煙による日本人の肺がんリスクは約1.3倍になることが発表されており、受動喫煙のリスクについても科学的に証明されています。
 最近は、加熱式の電子タバコといった煙が出ないタイプのタバコも登場していますが、これらも紙巻きタバコと同様に発がん性物質を含んでいることが指摘されています。
 そのため、電子タバコだからといって安全性が証明されているわけではありませんので注意してください。

肺がんの予防

●肺がんの予防

 やはり、肺がんの最大の予防となるのは禁煙です。
 タバコに含まれる数多くの発がん性物質は、血液に運ばれて様々な臓器に悪影響を与えてしまいます。
 そのため、禁煙することによって肺以外の部位についても、がんのリスクを下げることに繋がります。
 また、タバコを吸わない人でも受動喫煙による影響は受けてしまうため、出来るだけタバコの煙を避けて生活するようにしましょう。

 肺がんの原因や症状をさらに詳しく確認する場合はこちらをご参考ください。