手遅れと言われた舌がん「詳細解説と現代治療の可能性」

末期舌がんの現状

舌がんは口腔がんの一種であり、舌の細胞が制御を失い異常に増殖することによって発生します。
初期段階では治療の成功率が高いとされていますが、発見が遅れた場合や適切な治療が行われなかった場合、病状は進行し末期に至ることがあります。
末期と診断されると、がん細胞は舌だけでなく、首のリンパ節や他の臓器にも転移している可能性が高くなります。
この段階になると、従来の治療法では治療が困難とされ、予後も不良となることが一般的です。

末期舌がんの特徴と症状

末期舌がんは、様々な症状を引き起こします。
これには、激しい痛み、飲食の困難、話すことの障害、呼吸困難などが含まれます。
また、顔面の変形や声の変化など、患者様の日常生活に大きな影響を及ぼすことも少なくありません。
これらの症状は、患者様のQOL(生活の質)を著しく低下させるため、緩和ケアが重要な役割を果たします。

従来の治療法とその限界

従来の治療法には手術、放射線療法、化学療法がありますが、末期になるとこれらの治療法の効果は限定的です。
手術による切除は、がんの広がりが大きいために困難であり、また、重大な機能障害を引き起こすリスクがあります。
放射線療法と化学療法も、がん細胞だけでなく正常な細胞にもダメージを与えるため、副作用が大きくなりがちです。
これらの治療法による延命効果も限られており、患者様の苦痛を伴うことが多いのが現状です。

光免疫療法の希望

この治療法は、特定の光に反応する薬剤をがん細胞に集積させ、その後に特定の波長の光を照射することで、がん細胞を選択的に破壊します。
正常な細胞への影響が少ないため、副作用が少ないという利点があります。
以下より当院の光免疫療法の詳細をご確認頂けます。

末期舌がんへの適用可能性

末期舌がん患者様においても、患者様の状態に応じて光免疫療法は治療の選択肢となり得ます。
この治療法は、他の治療法で効果が見られなかった場合や、従来の治療法が適用困難な場合にも使用することができます。
さらに、光免疫療法は、患者様のQOLを維持しながら治療を行うことが可能であるため、末期がん患者様にとっても選択肢の一つとして考えられます。

土日祝も毎日電話対応しております

関連記事

PAGE TOP