子宮内膜がんについて知るべきこと「基礎知識から治療法まで」

子宮内膜がんとは

子宮内膜がんは、子宮の内側の層である子宮内膜に発生するがんです。
このがんは、主に閉経後の女性に多く見られますが、若年層にも発症する可能性があります。
子宮内膜がんの主な症状には、不正出血や下腹部痛が含まれますが、初期段階では症状が現れないこともあります。
このがんの発生は、エストロゲンとプロゲステロンのバランスの乱れに関連していると考えられています。

リスク要因と予防

子宮内膜がんのリスク要因には、肥満、糖尿病、早い初潮、遅い閉経、無排卵月経周期、家族歴などがあります。
予防策としては、健康的な体重の維持、適度な運動、バランスの良い食生活が重要です。
ホルモン療法を受ける場合、プロゲステロンの使用を適切に管理することも予防につながります。

診断とステージング

子宮内膜がんの診断には、超音波検査、子宮内膜生検、MRIやCTスキャンが用いられます。
がんのステージは、腫瘍の大きさ、深さ、他の組織への広がりによって決定されます。
ステージングは治療法の選択と予後の評価に重要な役割を果たします。

治療法

子宮内膜がんの治療法には手術、放射線療法、化学療法、ホルモン療法などがあります。
初期の子宮内膜がんでは、子宮全摘出術が一般的な治療法です。
進行したがんや再発がんでは、化学療法や放射線療法が選択されることがあります。
ホルモン療法は、ホルモン受容体が陽性の場合に有効な治療法です。

光免疫療法

光免疫療法は、特定の波長の光を使用してがん細胞を破壊する治療法です。
この治療法では、光感受性物質ががん細胞に集積し、光照射により活性酸素を生じさせ、がん細胞を選択的に攻撃します。
以下より当院の光免疫療法の詳細をご確認頂けます。

予後とフォローアップ

子宮内膜がんの予後は、ステージと治療法によって異なります。
初期段階での発見と治療は、一般に良好な予後につながります。
治療後のフォローアップには、定期的な検査と健康状態のモニタリングが含まれます。
再発の兆候を早期に発見するために、患者様は定期的な検査を受けることが重要です。

土日祝も毎日電話対応しております

関連記事

PAGE TOP