末期の直腸がんとその治療法「光免疫療法の可能性」

末期の直腸がんの詳細解説

直腸がんの成り立ちと進行

直腸がんは、消化管の最下部である直腸の内側の粘膜から始まるがんです。
初期段階では、ポリープと呼ばれる良性の腫瘍から発生することが多いです。
これらのポリープが悪性変化を起こし、がんとなる過程は数年を要することが一般的です。
がんが成長するにつれ、直腸の壁の深部へと浸潤していき、最終的には他の臓器やリンパ節へ転移する可能性があります。
転移が起こると、治療の難易度が上がり、予後も悪くなるため、早期の発見と治療が重要です。

末期の直腸がんの症状と診断

末期の直腸がんでは、多くの症状が現れることが一般的です。
腹部の膨満感や痛み、食欲不振、体重の減少、貧血などの全身症状が見られることがあります。
また、便の形状の変化や血便、黒色便などの排便に関する異常が現れることもあります。
これらの症状が現れた場合、大腸内視鏡検査やCT、MRIなどの画像診断を行い、がんの位置や大きさ、転移の有無を確認します。
診断の結果、治療方針や予後を患者様と共に決定します。

治療の選択肢とその効果

末期の直腸がんの治療は、がんの進行度や患者様の健康状態、希望に応じて選択されます。
手術は、がんの部分を取り除く方法として最も一般的ですが、転移が広範囲に及んでいる場合は、手術の適応外となることもあります。
放射線治療や化学療法は、がんの成長を抑えるためや、症状の緩和を目的として行われます。

光免疫療法の詳細

光免疫療法は、特定の薬剤をがん細胞に取り込ませた後、特定の波長の光を照射することで、がん細胞を破壊する治療法です。
この薬剤は、光を受けると活性酸素を発生させ、これががん細胞を攻撃します。
健常な細胞へのダメージを最小限に抑えることができるため、副作用のリスクが低いとされています。
また、光免疫療法は、他の治療法との併用が可能であり、相乗効果が期待出来ます。
以下より当院の光免疫療法の詳細をご確認頂けます。

末期の直腸がんの予後と今後の展望

末期の直腸がんの予後は、治療の選択やがんの進行度によって異なります。
しかし、治療法の開発や治療技術の進歩により、生存期間が延びることが期待されています。

土日祝も毎日電話対応しております

関連記事

PAGE TOP