嗅神経芽細胞腫の全容「基礎から治療法までの包括的解説」

嗅神経芽細胞腫とは何か

嗅神経芽細胞腫は、中枢神経系に発生する稀な腫瘍で、主に嗅神経から発生します。
この腫瘍は、神経芽細胞から成長するため、主に嗅神経系に関連する症状を引き起こします。
嗅神経芽細胞腫は成人に比べて小児に多く見られ、しばしば進行が早いとされています。
この腫瘍の正確な発症原因は未だ完全には解明されていませんが、遺伝的要因や環境因子が関与する可能性が指摘されています。

症状と診断

嗅神経芽細胞腫の初期症状は、嗅覚の異常や鼻詰まりといった比較的軽微なものです。
進行すると、頭痛、視力障害、顔面の麻痺などのより重篤な症状が現れることがあります。
診断には、画像診断(MRIやCTスキャン)や生検による組織学的検査が重要です。
これらの検査により、腫瘍の位置、大きさ、および拡がりを評価することができます。

治療方法

嗅神経芽細胞腫の治療法には、手術、放射線治療、化学療法があります。
手術は、可能な限り腫瘍を取り除くために行われますが、腫瘍の位置や大きさによっては完全な切除が難しい場合もあります。
放射線治療や化学療法は、手術だけでは取り除けなかった腫瘍細胞を破壊するため、または再発を防ぐために使用されます。
これらの伝統的な治療法に加え、近年では光免疫療法も治療の選択肢として注目されています。

光免疫療法とは

光免疫療法は、特定の波長の光を利用して腫瘍細胞を選択的に破壊する治療法です。
この方法では、腫瘍組織に集積する特殊な薬剤を患者様に投与し、その後特定の波長の光を照射します。
この光が薬剤と反応し、腫瘍細胞を破壊します。
光免疫療法は、特に周囲の正常組織への影響を抑えることが可能な方法です。
以下より当院の光免疫療法の詳細をご確認頂けます。

土日祝も毎日電話対応しております

関連記事

PAGE TOP