光CTC治療のメカニズムと有効性

光CTC(血中循環がん細胞)治療について

CTC治療メカニズム
CTC治療メカニズム

光CTC治療は、がん細胞が血液中を流れる現象を対象とした治療法です。
この治療法は、特にがんの転移と新たながん組織の形成を防ぐことを目的としています。

CTCとCSCの概要

がん細胞が一定の大きさに成長すると、栄養と酸素を求めて血管に侵入します。
これらのがん細胞は、血中循環がん細胞(CTC)と呼ばれ、さらに循環がん幹細胞(CSC)も放出されることがあります。
これらの細胞は、血管を通じて体内を移動し、新たながんの発生源となる可能性があります。

血中循環がん細胞(CTC)と循環がん幹細胞(CSC)の違い

血中循環がん細胞(CTC:Circulating Tumor Cells)と循環がん幹細胞(CSC:Circulating Cancer Stem Cells)は、がんの診断と治療において重要な役割を果たす細胞ですが、いくつかの基本的な違いがあります。

血中循環がん細胞(CTC)

  • 定義: CTCは、主要ながん腫瘍から分離し、血流を通じて体内を移動するがん細胞です。
  • 起源: 通常、既存のがん腫瘍から派生します。
  • 特性: CTCは、がんの進行や転移の指標として用いられることが多いです。
  • 検出: 血液検査によって比較的容易に検出できます。
  • 治療への影響: CTCの数が多いと、一般的には予後が悪いとされています。

循環がん幹細胞(CSC)

  • 定義: CSCは、がん細胞の中でも特に「幹細胞様」の特性を持つ細胞で、新しいがん腫瘍を形成する能力があります。
  • 起源: がん幹細胞から派生し、これが転移や再発の主な原因とされています。
  • 特性: CSCは、自己更新能力と分化能力を持ち、薬物耐性があることが多いです。
  • 検出: CSCの特定は、一般的なCTCよりも困難で、特定のマーカーを用いて識別する必要があります。
  • 治療への影響: CSCが存在すると、治療が困難になる場合があり、転移や再発のリスクが高まります。

総括

以上のように、CTCとCSCはいずれもがんの診断と治療に重要ですが、その性質と役割、治療への影響が異なります。
特にCSCは、その持続的な自己更新能力と多様な分化能力によって、がん治療において特に厄介な存在とされています。

光CTC治療のメカニズム

この治療法では、特別に設計されたリポソームと低出力レーザーが使用されます。
リポソームによって加工された光感受性物質は、点滴で体内に入れられ、CTCやCSCに結合します。
その後、特定の波長のレーザー光が照射され、光感受性物質が反応してがん細胞を破壊します。

光反応と活性酸素

レーザー光によって、光感受性物質はエネルギーが高まります。
この物質はエネルギーを放出し、その過程で活性酸素が生成されます。
活性酸素はがん細胞を攻撃し、破壊しますが、正常な細胞には影響を与えません。

使用される物質と機器

治療に使用される光感受性物質は、インドシアニングリーン(ICG)という緑色の色素です。
ICGは、肝機能のテストなどで広く使用されている認可された医薬品です。
また、レーザーデバイスは、ドイツのWeber社製であり、これは海外で血管内照射に使用が認められている初めての医療機器です(日本では未承認)。

まとめ

光CTC治療は、がん細胞の転移と新たながん組織の形成を防ぐための革新的な治療法です。
特別に設計されたリポソームと低出力レーザーを使用して、CTCとCSCを破壊します。

土日祝も毎日電話対応しております

関連記事

PAGE TOP