中皮腫の総合ガイド「原因から治療方法まで詳しく解説」

中皮腫とは

中皮腫は、主に肺の周囲や腹膜などの中皮細胞から発生する稀ながんの一種です。
この疾患は、アスベストなどの繊維状物質に長期間曝露された結果発症することが多いとされています。
中皮腫の診断は困難であり、しばしば他の疾患と誤診されることがあります。

原因とリスクファクター

中皮腫の最も一般的な原因は、アスベストの吸入によるものです。
アスベストは、過去に建築材料などに広く使用されていた繊維状の鉱物です。
長期間アスベストに曝露されると、その繊維が肺や腹膜に蓄積し、中皮細胞に損傷を与えることで中皮腫を発症するリスクが高まります。
この他にも、放射線暴露や遺伝的要因も中皮腫の発症に関与することが知られています。

症状

中皮腫の症状は、がんの位置によって異なります。
胸膜中皮腫の場合、胸の痛み、息切れ、持続的な咳、体重減少などが主な症状です。
腹膜中皮腫では、腹痛、腹部の膨満感、体重減少が見られることが一般的です。
これらの症状は非特異的であり、初期段階では気づかれにくいことが多いです。

診断

中皮腫の診断には、画像診断と組織検査が不可欠です。
CTスキャンやMRIなどの画像診断でがんの存在を確認した後、生検によりがん細胞の特徴を詳細に調べます。
また、血液検査なども補助的に用いられ、総合的な診断が行われます。

治療

中皮腫の治療には、手術、放射線療法、化学療法が一般的です。
病期や患者様の全体的な健康状態によって、これらの治療法が組み合わされることもあります。
近年では、標的治療薬や免疫療法など、治療法が導入されつつあります。
以下より当院の光免疫療法の詳細をご確認頂けます。

光免疫療法と中皮腫

光免疫療法は、特定の光を用いて薬剤をがん細胞に集積させ、選択的にがん細胞を破壊する治療の一つです。
この方法は、中皮腫のような固形がんに対しても応用されており、特定の波長の光を用いることで、周囲の正常細胞への影響を抑えることができます。
治療効果の確認や副作用の監視が重要とされており、専門的な医療機関での実施が求められます。

土日祝も毎日電話対応しております

関連記事

PAGE TOP