食道がんの原因や症状そして治療法などを紹介しております。病院提携の東京がんクリニック情報。

作成日2020.2.1 編集日2020.2.1

 当該ページ目次

  1. 食道がんとは
  2. 食道がんのステージ
  3. 食道がんの原因
  4. 食道がんの主な症状
  5. 当院での食道がんの治療法について
  6. TGC東京がんクリニック提携情報
  7. 当院へのご相談の流れ
  8. 食道がん治療のお問い合わせはこちら
  9. 食道がん以外のその他がん部位一覧

食道がんとは

食道がんとは

 食道がんはどこにでもできる可能性がありますが、日本人の食道がんは約半数が食道の中央付近に生じ、次いで食道の下部に多くできる傾向にあります。
 食道がんは、食道の内面を覆っている粘膜の表面からできます。更に、食道がんは食道内に同時に複数発生してしまうケースもあります。
 食道がんにおいて、食道の壁の粘膜内に留まるがんを早期食道がん、また粘膜下層までしか及んでいない癌を表在食道がん、それより深層まで及んでいる癌を進行食道がんと呼びます。
 食道の粘膜から生じた癌は、肥大すると深層へ広がっていき、気管や大動脈等の周囲の臓器にまで直接広がっていき、この現象を浸潤といいます。
 食道がんは、早期のステージで発見した場合(食道粘膜の表層までの浸潤)、5年生存率は75%以上とされていますが、遠隔転移を起こしてしまった(最も病状が進行した)場合は、5年生存率は2割程度しかありません。
 加えて、食道がんは周囲に浸潤しやすく、大腸がんまたは胃がんと比較して早期に浸潤・転移を起こすと考えられています
 更に、周囲には肺・大動脈・心臓・気管といった重要臓器が存在しており、治療する上で困難です
 このため、食道がんを早い段階に見つける事が非常に重要なのですが、比較的早い段階で診断される割合は食道がん全体のおよそ3割しかないというのが現状です。
 つまり、食道がんは、進行性であるケースが多く、なおかつ、進行した場合には治療することが大変難しいがんであると言えます。

 がん検査の目的と重要性に関してはこちらを御参考ください。

食道がんのステージ

食道がんのステージ

 食道がんの病期はその広がりに対応して、ステージ0~4に分類され、この病期に従って治療方針を決定します。

ステージ 0:がんが粘膜内にとどまり、リンパ節転移や他臓器への転移を伴わない

ステージ 1:がんが粘膜下層部に停滞し、リンパ節や他臓器への転移を伴わない

ステージ 2-3:がんが粘膜下層を超えて、固有筋層や食道外膜まで達していた場合や、リンパ節転移を伴う

ステージ 4a:遠方のリンパ節に転移を伴う

ステージ 4b:他臓器へ転移を伴う

食道がんの原因

食道がんの原因

  食道がんの発生する原因として一番挙げられるのは、喫煙と飲酒です
 特に日本人に多い扁平上皮がんは、喫煙、飲酒に関連性が強くあると考えられています。飲酒により体内に生じるアセトアルデヒドは発がん性物質です。
 (アセトアルデヒドは、エタノールの酸化によって生成され、発がん性を持ち、一般的に二日酔いの原因と見なされています。)また、アセトアルデヒドはたばこの煙にも含まれているため、喫煙も大きな要因とされています。
 なので喫煙と飲酒の習慣がついていたら危険度は増します。また、熱いものを飲んだり食べたりすることが、食道がんができる危険性を高めるというふうにも考えられます。

食道がんの主な症状

食道がんの主な症状

食道が沁みる感じがする
 刺激の強い(酸味等)食べ物や飲み物を取り入れたとき、胸骨の裏側あたりに、沁みる感じや、軽度の痛みを感じることがあります。
食べる時に食物がつっかえる感じ
 がんが大きくなるとよく噛んで食べても、食道の内腔が狭っており食べ物がつっかえるような感じます。
胸痛・背部痛
 がんが進行して食道の壁を越えて、、まわりの肺や背骨、動脈を圧迫すると、胸の奥や背中に痛みを感じるようになります。
せき
 がんが進行して気管、気管支、肺まで浸潤すると、その刺激によって咳や血痰が出ることがあります。
声のかすれ
 声帯を調節している神経(反回神経)に浸潤すると、風邪を引いたときのような掠れた声になります。

 がん検査の目的と重要性に関してはこちらを御参考ください。

当院での食道がんの治療法について

TGC東京がんクリニック提携情報

国立がんセンター内の研究所Abnova上元株式会社と業務提携 国立がんセンター内の研究所Abnova上元株式会社と業務提携
当院へのお問い合わせはこちら 当院へのお問い合わせはこちら

当院へのご相談の流れ

ご予約

➀ご予約

 当院は完全予約制となっておりますので、食道がんに関するお悩みでご来院される場合は、お電話またはメールにて予約をお願いします。
 メールでのご予約の際は、予約状況を確認した後、担当者よりお返事をさせて頂きます。

ご来院

ご来院

予約時間の5分前を目安にご来院をお願い致します。
 当院の場所が分からない場合には、お電話頂ければスタッフがご案内させて頂きます。
 また、診療情報提供書や血液検査データなどをお持ちの方は、持参して頂くようお願いします。

当院へのアクセスはこちら

受付

受付

 初診時には、問診票を記入して頂きます。
 食道がんに関するお悩みや治療状況など、気になる点は何でもご記入ください。


・食道が沁みる感じがする
・胸痛・背部痛
・せき
・声のかすれ

インフォームドコンセント

インフォームドコンセント

 問診票を参考にしながら、医師と医療スタッフが患者様のお悩みや現在の状況をお伺いします。
 個室でのカウンセリングとなりますので、安心して何でもご相談ください。
 また、当院での食道がんに対する治療法なども分かりやすく説明致しますので、ご不明な点などありましたら、些細なことでもご質問ください。
 当クリニックの説明だけでは納得できない場合には、他の病院・クリニックに意見を求める「セカンドオピニオン」もご検討ください。

インフォームドコンセント詳細

同意書の記入

同意書の記入

 治療内容や効果、リスクなどをご理解して頂いた上で、当院で食道がん治療を受けられる場合には、同意書にご記入をして頂きます。
 また、治療にかかる費用についても明瞭にご説明させて頂きます。
 がん治療における保険診療または自由診療とは?に関してはこちらを御参考ください。

TGCのがん治療方法費用一覧

今後の食道がん治療計画について

今後の食道がん治療計画について

 一人ひとりの症状に合わせて、患者様に最も効果の期待できる治療法・日程にて食道がん治療を行っていきます。
 生活スタイルに沿ったご来院スケジュールなどをご提案しますので、無理なく治療を継続して頂けます。

食道がん治療のお問い合わせはこちら

お問合せフォーム

※ご予約メール送信後、確認メールが届きます。
 送信後、メールが届かない場合は、お手数ですが、お電話にてご連絡お願い致します。
※対応機種によっては文字化けして表示される事もございますので、その際もお電話お願い致します。

食道がん以外のその他がん部位一覧