血液一滴からがんを発見。マイクロRNAとは?

従来のがん検診検査

 従来のがん検診検査この画期的な最新のがん検診検査は、血液中に含有されているマイクロRNAと呼ばれる分子を利用する方法です。
 マイクロRNAとは細胞内で、主にタンパク質を制御する分子で、がん細胞から多く分泌される事が判明しております。
 (以下に当該検診検査方法をマイクロRNAと表記します。)
 大腸がんや胃がんなど13三種類のがんに関して適用が可能とされており、正常な方の血液と、がん患者の血液を99%識別する事が可能と言われています。
 検査結果がでるまでの時間はわずか2時間、価格も2万円程度を想定していると現段階では言われています。 

血液1滴から「がん」を検出

 血液1滴から「がん」を検出 この画期的な最新のがん検診検査は、血液中に含有されているマイクロRNAと呼ばれる分子を利用する方法です。
 マイクロRNAとは細胞内で、主にタンパク質を制御する分子で、がん細胞から多く分泌される事が判明しております。
 (以下に当該検診検査方法をマイクロRNAと表記します。)
 大腸がんや胃がんなど13三種類のがんに関して適用が可能とされており、正常な方の血液と、がん患者の血液を99%識別する事が可能と言われています。
 検査結果がでるまでの時間はわずか2時間、価格も2万円程度を想定していると現段階では言われています。 

ステージ0でがんを発見

  ステージ0でがんを発見がん治療の情報を調べている方の中でも、「ステージ0」という言葉はあまり聞きなれないかもしれません。
 ステージ0は「超早期がん」を意味しています。
 がんは症状が進行するまで、自覚症状が出にくく、発見した時には比較的進行してしまっているケースが多く、治療を行う事が困難な場合が多い特徴があります。
 早期にがんを発見する事はそれだけ、完治する可能性が高くなるため、マイクロRNAを人間ドックなどに標準導入する事で、ステージ0の状態でがんを治療する事が出来る可能性が高く
なると言えます。

がん検診検査はマイクロRNA、がん治療は光免疫療法

 がん検診検査はマイクロRNA、がん治療は光免疫療法がん検診検査にマイクロRNAが今後一般的に使用されるようになれば、日本人の死亡原因第1位である「癌」は数年後にはそうではなくなっている可能性もあり、今後も注目していきた
い内容であり、来年にはメディアで取り上げられる機会も増加すると予測出来ます。
 また、がんになってしまった場合、経過観察で改善が見られない状態であれば、治療が必要となります。
 現代ではがん治療の技術も向上しており、標準治療ではなく免疫療法にも注目が向けられています。
 当院の採用する「光免疫療法」もその一つです。
 「がん=入院」とお考えの方も多いと思いますが、当院の採用している光免疫療法は「通院での治療が可能」です。
 がん完治に向けて、昭和大学江東豊洲病院と医療提携を行い、またその治療結果の判定を国立がんセンターの研究室と業務提携を行う事により、より確かな結果を得る事を可能として
おります。
 そのため、患者様にはより正確な光免疫療法による効果をお伝えする事が可能です。

 がんの医療技術は年々進化している傾向にあり、ここ最近の成長率は従来に比べて高くなっていると感じています。
 当院もこの技術進歩の流れに逆らわず、常に最新の情報を収集し、癌完治を目指しております。
 最新のがん治療をお考えの方はTGC東京がんクリニックへ一度お問い合わせ頂けますと幸いです。 
 がん専門医、医療カウンセラーが患者様に適当な検診検査、治療方法をご提案させて頂きます。

PAGE TOP