大腸がんの放射線治療「詳細解説と光免疫療法との併用」

大腸がんの放射線治療の詳細解説

放射線治療の基本原理

放射線治療は、がん細胞に放射線を照射し、その細胞のDNAを損傷させることで、がん細胞の増殖を抑制または死滅させる治療法です。
放射線は、X線やガンマ線などの高エネルギー放射線を使用して、がん細胞のDNAにダメージを与えます。
このダメージにより、がん細胞は分裂や増殖ができなくなり、最終的には死滅します。
健康な細胞も放射線の影響を受ける可能性がありますが、がん細胞よりも回復能力が高いため、適切な治療計画により、健康な細胞へのダメージを最小限に抑えることができます。

放射線治療の種類

放射線治療には、外部からの放射線治療(外照射)と体内からの放射線治療(内照射)の2つの主な方法があります。

治療方法 説明
外部からの放射線治療 患者様の体外から放射線を照射する方法。治療装置を使用して、がんの位置や形に合わせて放射線を照射します。
体内からの放射線治療 放射性物質を含む薬剤や器具を体内に入れ、直接がん細胞に放射線を照射する方法。

放射線治療の適応と限界

放射線治療は、手術が困難な場合や、がんが再発した場合、または手術の前後の補助治療として選択されることが多いです。
しかし、放射線治療には適応と限界があります。治療の適応は、がんの種類や進行度、位置などによって異なります。
また、放射線治療は、一定の範囲や回数までしか照射できないため、全身へのがんの広がりには対応が難しい場合があります。

放射線治療の副作用

放射線治療には、短期的な副作用と長期的な副作用があります。
短期的な副作用には、疲労感、食欲不振、皮膚の赤みやかゆみなどがあります。
長期的な副作用には、放射線による組織の硬化や瘢痕、内臓器官の機能低下などが考えられます。
副作用は、放射線の照射部位や総量、治療期間などによって異なります。

光免疫療法との併用について

大腸がんの放射線治療は、光免疫療法と併用することが可能です。
光免疫療法は、特定の薬剤と光を組み合わせてがん細胞を攻撃する治療法で、放射線治療との併用により、相乗効果が期待されます。
しかし、併用する際は、専門医と十分な相談を行い、適切な治療計画を立てることが重要です。
以下より当院の光免疫療法の詳細をご確認頂けます。

結論

大腸がんの放射線治療は、がん細胞の増殖を抑制または死滅させる治療法です。
光免疫療法との併用も可能であり、治療効果の向上が期待されます。
しかし、治療を受ける際は、専門医との相談を怠らないようにしましょう。
放射線治療の適応や限界、副作用についても理解し、最適な治療を受けることが大切です。

土日祝も毎日電話対応しております

関連記事

PAGE TOP