手遅れと言われた進行腎臓がんへの挑戦「現代医療が切り開く希望の道」

進行腎臓がんの概要

腎臓がんは、腎臓の細胞が異常に増殖することによって発生します。
この増殖は、初期段階では腎臓の内部に限定されていることが多いですが、がんが進行するにつれて、周囲の組織やリンパ節、さらには他の臓器に転移する可能性が高まります。
「手遅れ」と表現される段階に至ると、がんは腎臓を超えて広がり、しばしば肺や骨、肝臓などに遠隔転移を引き起こしています。
この進行形態では、従来の治療法では対応が難しく、予後も極めて不良とされています。
進行腎臓がんは、その成長速度や転移のパターンによっても治療法が異なり、個々の症例に応じた治療計画が必要とされます。

進行腎臓がんの診断とステージング

進行腎臓がんの診断には、血液検査、尿検査、画像診断が含まれます。
これらの検査によって、がんの存在、大きさ、及び転移の有無が評価されます。
ステージングは、がんの進行度を評価するために行われ、治療計画を立てる上で重要な要素となります。
ステージングには、TNM分類が一般的に用いられ、これには腫瘍の大きさ(T), 近隣リンパ節への転移(N), 遠隔転移(M)が含まれます。
進行腎臓がんでは、通常、T3以上(腎臓を超えて腫瘍が広がっている)、N1(リンパ節転移がある)、M1(遠隔転移がある)のいずれか、またはこれらの組み合わせが見られます。

進行腎臓がんの治療法と課題

進行腎臓がんの治療法には、外科的手術、放射線療法、化学療法、標的療法、免疫療法などがあります。
しかし、進行が著しい場合、これらの治療法の効果は限定的であり、治療による副作用も無視できません。
特に、遠隔転移がある場合には、治療の選択肢が限られ、治療の主な目的が延命や症状緩和にシフトします。
進行腎臓がんにおいては、がん細胞が従来の治療法に対して耐性を持つこともあり、治療法の開発が急務とされています。
治療の選択にあたっては、腫瘍の特性だけでなく、患者様の全体的な健康状態や治療に対する希望も考慮されます。

光免疫療法とは

光免疫療法は、特定の波長の光を用いて活性化される薬剤をがん細胞に集積させ、その後に光を照射することで、がん細胞を選択的に破壊する治療法です。
この治療法は、薬剤が光によってのみ活性化されるため、正常組織への影響を抑えることができます。
また、腫瘍の種類や位置、患者様の状態に応じてカスタマイズ可能であり、個々の症例に合わせた治療が可能です。
光免疫療法は、進行した腎臓がんのように他の治療法が効果不十分な症例において、治療の選択肢の一つとして考える事が出来ます。
以下より当院の光免疫療法の詳細をご確認頂けます。

光免疫療法の適用性と併用療法

光免疫療法は、患者様の状態に応じて進行腎臓がんにおいても適用が可能であり、手遅れとされる段階の症例においても、治療の選択肢となり得ます。

土日祝も毎日電話対応しております

関連記事

PAGE TOP