末期の子宮体がんとその治療法「光免疫療法の可能性」

末期の子宮体がんについての詳細解説

子宮体がんの基本知識

子宮体がんは、子宮の内側の組織である子宮体から発生するがんの一種です。
このがんは、閉経後の女性に多く見られる疾患であり、ホルモンのバランスの変化が影響していると考えられています。
子宮体がんのリスク因子として、肥満、糖尿病、高血圧などが挙げられます。
また、家族歴や遺伝的要因も関与することが知られています。
子宮体がんの初期症状としては、異常な出血や下腹部の痛みが挙げられます。

末期の子宮体がんの進行と症状

末期の子宮体がんは、がんが子宮を越えて隣接する臓器やリンパ節に広がり、さらには遠隔転移を起こしている状態を指します。
この段階になると、症状が顕著になり、腹痛や出血、体重の減少、全身のだるさや食欲不振などが見られることが多いです。
また、腹水がたまることで腹部が膨らむことや、腰痛、排尿障害などの症状が現れることもあります。
末期の子宮体がんは、他の臓器への転移が進行すると、その臓器の機能低下や症状が現れることもあります。

治療方法の選択と光免疫療法の可能性

末期の子宮体がんの治療方法としては、手術、放射線治療、薬剤治療が主に行われます。
しかし、末期の段階では手術の適応が限られるため、放射線治療や薬剤治療が中心となります。
薬剤治療では、抗がん剤やホルモン療法が行われることが多いです。
光免疫療法は、特定の薬剤と光を組み合わせてがん細胞を攻撃する方法で、再発や転移がある患者様に対しても治療の選択肢となる事があります。
この治療法は、副作用が少なく、患者様のQOL(生活の質)の向上を目指す治療となります。
以下より当院の光免疫療法の詳細をご確認頂けます。

土日祝も毎日電話対応しております

関連記事

PAGE TOP